未来演劇K−プロジェクト未来へ演じることが好き
鵺の穴 慟哭編(ぬえのあな どうこくへん)


未来演劇Kプロジェクト第6回公演

鵺の穴 慟哭編(ぬえのあな どうこくへん)作・演出 白石美香


2008年9月14日、今治市中央住民センター 大ホール(今治市南宝来町1丁目6-1)にて公演されました。       

舞台画像 1.
舞台画像 2.



【作品について】

 丙(ひのえ)の国の若き長イサは、火の玉を降らせる力を持つ「火降りの石」を使い、隣国巽(たつみ)の国の侵略を防ぎ援助を求めてきた。
しかし、ある日突然石の力が消えてしまう。 困惑するイサのもとを訪れたのは、隣国の大使コハクだった。
巽も火降りの石を手に入れたと、コハクは告げ、さらに「巽に服従せよ」と詰め寄る。
幼馴染のアサギと共に新しい石を求め鵺の穴に向かったイサが出会ったのは、自ら「鵺」を名乗る三人の妖だった…。

 強大な力を秘めた「火降りの石」をめぐり、「丙と巽」、「人と鵺」それぞれの思惑が交錯する幻想物語。

2007年、劇団狩潔亭との合同公演で高い評価を得た「鵺の穴」を、オリジナルのKプロスタッフがより躍動的な新演出で取り組んだ作品。 テーマは「平和への祈り」。人の手に余る力を追い求めようとする人々、争いを鎮めるのは力だと信じる人々…。それぞれの正義を貫き、ぶつかり合う姿は現代の私たちの姿に重なる。過ちを繰り返してきた人間と、その歴史を「穴」の中から見守ってきた鵺との対峙が見どころ。

<キャスト>

・威佐 (イサ) 山内 正樹
・浅黄(アサギ) 津村 佳香
・山吹(ヤマブキ) 玉井 翔子
・琥珀(コハク) 杉野 香織(演劇集団驚天動地より客演)
・御前(ゴゼン) 本田 裕子
・天鳥(アトリ) 井手口 茜(劇団狩潔亭(仮)より客演)
・白虎(ビャッコ) 秦 渉
・蘇芳(スオウ) 白石 美香
・黄金(コガネ) 橋田 樹輝
・白銀(シロガネ) 青野 一輝
・銅鐘(アカネ) 鳥生真帆(14日)/田窪 弘美(15日)
・珊瑚(サンゴ) 白石 理央


音源ならびに画像は、当サイトでの閲覧、試聴以外での二次使用、再配布は固くお断りいたします。
企画・制作・管理:ホーマークラブ 連絡先電子メール:こちらへ [リンクフリー]