若い世代の家離れ?

あなたは賃貸派?持ち家派?

家を建てる流れ

まず初めに家の間取りや重要な性能など、これだけは譲れないというニーズや必要な予算、内観や外観などの家のデザインイメージ、土地周辺の環境や立地等必要な条件をまとめていきます。
その次にどこに建てるか土地を探しながら情報収集をしていきます。
希望地域の不動産に話を持ち掛け、探してもらいます。
条件を一致する土地が見つかり次第、見学に行きます。
見学では最寄りの駅までのアクセス面やその他周辺環境を確認します。
いくつか候補の土地があれば随時見学し、比較します。
比較後購入し、大々的に家づくりが始まります。
設備や間取りを設計することからスタートです。
後に費用が決定したら、住宅ローンを組みます。
そして施工が開始されます。

建てるまでの準備

マイホームとなる家のコンセプトを家族で話し合いましょう。
細かな間取りなどの数値とかではなく、利便性に優れた家や、子供が大きくなっても暮らしやすい家、開放感のある家などなど、ざっくりとしたイメージで考えます。
事前に物件をいつくか見たり、モデルハウスへ行った時には、サイズ感を図り写真を撮ります。そこでイメージをわかせ間取りなどのデザインを構成します。
そしてなんといってもお金が必要なので、土地代と建物代を把握し、貯蓄を確認しローンを組むのか検討します。組む場合は返済についても確認しましょう。
未来を見据え住みたい地域を検討します。安さだけを重視すると交通面のアクセス、家の建てづらさなどの問題が起こることがあるので、注意が必要です。
そしてどの会社に依頼するのかも大切です。
ハウスメーカーや工務店、設計事務所などそれぞれ特徴があるので、それを踏まえた上で選ぶことが必要です。


この記事をシェアする