2012☆ coming soon!

えー、2011年も残すところあと半日です。 今年も「みかちゃんねる」をのぞきに来て下さってありがとうございます。
未来演劇Kプロジェクトの裏話、貧相なお弁当、息子Rのアホ話…マニアックなネタに付き合って下さった暇…いや、インテリジェンスあふれる方々にお礼申し上げます。 感謝感激、読み逃げ上等。

「2,319,601」…延べ5年間のインテリジェンスあふれる方々の数字です。(笑)

さて。 今年は日本にとっても自分自身にとっても、激動の年でした。震災がきっかけになった部分は大きいですが、とにかく考えた一年。 今まで考えなかったこと、考えても仕方なかったことを、それでも考えざるを得なかった一年でした。
自分にとっての幸せ、関わる人たちにとっての幸せ、手の届かない人たちにとっての幸せ。 まず守るべきもの。 目に見える努力と、見えない努力。 優先すべき事柄。
それから、価値観の違う友人と渡り合うことの難しさ。 感情をぶつけるべきか、割りきるべきか、それでも理解する方法を探るべきか…。

煩わしいこともあるけど、人間である以上、考えることを辞めてしまったら退化するのみです。 シワやシミが増えるのは当たり前、体型崩れるのは当たり前。 老化するのは自然の成り行きです。 でも、退化するのは怖い。

自分の先を行く人より、後に続く人たちの方が圧倒的に多くなってきました。 この人たちに何を遺せるか、次の世代に何を手渡せるか、教えられるか。 この使命を怠ることが即ち人間としての「退化」です。「ま、ええか」で済ませちゃアカンと、自分のお尻を叩いてばっかりです。

家族はおおむねOKです。息子Rとは劇団で過ごす時間が多くなってきたせいか、ついつい厳しく接してしまいます。 もうちょっとゆるーく甘えさせてやろうと反省です。
息子Rはバカ正直で、根性があります。本当に不器用だけど、自慢の息子に育っています。そして皆勤賞の記録更新♪
あとはまー、来年は夫婦の時間をもっと取りたいですね。 家事ももうちょっと何とか…掃除とか…料理とか…;@いいl−sdfちゅんm、。・

Kプロは無事10周年を迎えました。今年はなんか一年中公演やってた気がします。1月のジュニア公演に始まって、2月の芸能祭、「うつむくひまわり」、「海響 V」…。ここに本公演が入ってたら全員過労死です。
弘美のジュニア→Kプロへの移籍(昇進?)、麻衣ちゃん、るりちゃんという新メンバーが入ったのも嬉しいニュースですが、今年はベテランメンバーもそれぞれ成長しました。
特に社会人になったせいか、翔子のがんばりが光ります。 ちょっとしたトラブルがあった時や、困った時に、任せられる(相談できる)存在になりつつあります。…逃げんなよ!(笑)
首脳陣は、とにかく健康面での自己管理…。あはは…。もう自分の趣味の域を超えて久しい演劇人生です。一つでも多く、後続に遺していきたいね。作品、技術、気持ち、そういったものをね。 それから…

housouseki111203_21190001.jpg
突然ですが、母・キャデラックの話が終わらないので、強制終了させていただきます。
来年も「みかちゃんねる」、Kプロ、キャデ家、ぐるっとまとめてよろしくお願いします。

片羽島放送席より息子Rがお知らせしました♪

〜 カーン、カーン、カーン…♪ 〜 (←鳴り響くセカンドの鐘)


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪
●「セカンド」今年最後の稽古日誌はコチラから♪

クリスマスぶち抜き稽古♪

「セカンド」の稽古も23〜25日のクリスマスぶっ通しを終えて、今年の稽古納めとなりました。 いやね、誤解して欲しくないのは、私たち普通に彼氏もいるし、夫も子どもも抱えててね…。

夜中の2時に帰ったら、食い散らかしたクリスマスケーキが残ってました。
ゴミ出しをする隣のおっさんがサンタに見えました。
稽古場のストーブで湯を沸かして、とうとうグッピーさんが何か作り始めました。
稽古場の電気毛布がいつの間にかまた増えました。
ていうかもうここで越冬できそうな感じです。

…ええの。 通し稽古はめちゃめちゃ楽しかったです♪

toosi15.jpg
廃品回収じゃないよ。 グッピーさん(雑貨屋のハヤテ役)のリヤカーに群がる、片羽島の住人たち。 左から(ホステスのツナミちゃん役)、日本一かっぽう着の似合わない女キャデラック(食堂のおばちゃんフブキ役)、まほ(モデル志望のシズク役)、翔子(頼れる?姉ちゃんナギ役)。

toosi12.jpg
なんかシリアスなシーン。 どこだろ?(←おい)
真ん中は麻衣ちゃん(カスミ先生役)、隣は弘美(みんなの妹♪ヒヨリ役)。

toosi13.jpg
ほとんど子役だけのシーンもあります。 もう大人と同じ扱いやね…。 叱られるし、良くなってくると更に演技を求められるし。
左から、フウタ役の息子R、コユキ役のあねら、ツユ役のみお、コサメ役のまいな

toosi14.jpg
このシーン、3人ともイイ表情なんですわ…。 アラシ役の正樹、右はライタ役のゆめ。初の男役、にも関わらず息子Rの100倍男らしい。(笑)

toosi11.jpg
この3人、もうちょっと詰めたら「ナイス三●●」になれそうです。 ↑若のこんなエエ顔、初めてかも…。

さてさて、これで年明けまで稽古はお休みです。
年忘れと言いますが、年と一緒にセリフ忘れないように! 特に誰とは言わんがそこの私。

来年はKプロ11年目。 はりきっていこー♪


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪

海渡のワークショップ

ws1111221_2034.jpg
ミュージカル『誓いのコイン』に出演中の海渡。 忙しいスケジュールを縫って、Kプロ団員とジュニアのために演劇の基礎ワークショップを開いてくれました。

ジュニア卒業生のあや、ゆい、しえりとも久しぶりに再会♪

ws2111221_2032.jpg
講師の「宇高海渡先生」(笑)。
分かりやすく、楽しく、効率的に、時間きっかりにスケジュールを進めていきます。
遅刻・忘れ物ばっかりしてた小僧が、まるで別人のようですわ…。


ws3111221_1952.jpg
コミュニケーションとは、空気を読むこと、空間を読むこと、そして相手を受け入れること。 演劇だけじゃなく、人間として必要なものやね。
難しい話しじゃなくて「Yes And, Yes But」「ウインク・キラー」なんかのゲームを取り入れて学んでいきました。 これ、めちゃめちゃ面白い♪


santa111225_14370002.jpg
突然ですが、日本一サンタの似合う女・翔子です。
さて、いよいよ『Kプロ★クリスマスぶち抜き稽古』の全貌が明らかに…。


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪

クリスマスのお弁当2011&稽古場のクリスマス

全国的にクリスマスみたいですね。

Kプロは23・24・25と、クリスマスぶち抜き稽古です。
あはは…。こっちの世界は楽しいよ…♪

サンタさんにお願い。 12月をあと4週間ください。(笑)

そんな、意識ももうろうとした年の瀬のお弁当。
bentoxmas111222_0715.jpg
『ちびツリーべんとう』
ありがとう、ミックスベジタブル!

bentoxmass111224_0857.jpg
『クリスマスブーツべんとう』
ありがとう、ピック!

もう一度言おう、ありがとうピック!


xmascake2111223_1848.jpg
そして極寒の稽古場では、音響Eさん(50才・独身・嫁さん募集中)からクリスマスケーキがふるまわれました。

xmascake1111223_1845.jpg
ケーキに群がる子羊たち♪♪

本当に…誰かEさんに紹介してあげて下さい…。


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪

大久野島紀行・オマケ編

駆け足で回った大久野島ですが、公演前のこの時期に一日費やして見学に来た意味はあったようです。

小さな平和な島にある日突然要塞が建設され、やがて毒ガス製造の本拠地となり、恐らく戦争とは何の関係もない大勢の住人たちが犠牲になりました。

「立ち入り禁止」

この表示には2つの意味があることを知りました。一つは老朽化した建物が倒壊する危険があるから。 もう一つは、土壌汚染の危険性です。
戦争が終わり、毒ガス製造が廃止されたあと、島に貯蔵されていた毒ガスのタンクは焼却されました。…でもね、地下に埋められたり、海に投棄されたタンクも沢山あるんですよ。

一度は地図から消された島は、今うさぎたちの楽園です。 毒ガスの実験用のうさぎが繁殖したなんて噂があるけど、実際はもっと後の時期に持ち込まれたうさぎが何百匹にも増えたんだそうです。 何となくほっとした…。(笑)


ほんとに余談ですが、この島で見た風景は何処となくグラナダ(スペイン)のアルバイシン地区〜サクロモンテの丘に似てます。
ookuno127.jpg
こんなんとか…

ookuno128.jpg
こんなんとか…

ookuno129.jpg
ここら辺とか…

cueba.jpg
↑で、これはジプシーが住んでたアルバイシンの洞窟住居。 …ね。

グラナダ 】キャデラックがこの世で一番好きな場所です。

ほな、瀬戸内海→アンダルシアへ飛んじゃったところで、大久野島レポ終了〜♪


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪

大久野島紀行B

ookuno111.jpg
海岸沿いの山肌にそびえ立つ、異様な迫力の建物は「毒ガス貯蔵庫」。圧倒されました。 比べる物がないけど10m以上の高さはありそうやね…。 6つの部屋に毒ガスの巨大タンク(100t?)が縦に置かれてたようです。 壁が真っ黒なのは、戦後、米軍の火炎放射器で焼却された跡…。

ookuno113.jpg
砲台跡に作られたタンク置き。 ここでは寝かせて置いてたようです。

ookuno114.jpg
さていよいよ大久野島で最大の建造物にして廃墟マニアの聖地「火力発電所」へGO!

ookuno115.jpg
吹き抜けの3階建て。 夏は蔦が絡まってまた違う表情を見せるんやろね。

若い子(笑)たちは「ホラゲーに出てきそう…!」と、ワイワイ言うてましたが…なんか違うんですよ。
怖い、不気味と言うより「神々しさ」を感じます。 立ち入り禁止やけどね。 中に入ったらどんな気分になるんだろう…。 立ち入り禁止です。 もうお分かりでしょうが、無駄に大きい、とてつもなく高い、工場跡とか廃墟とか遺跡とか大好物なんですが立ち入り禁止。 ここまで来たんやから入らなあかんやろ? 立ち入り禁止、分かっとるけどもうアカン、入る!

衝動的に柵を越えようとしたその時。

「やめて! 危ないっ! 絶対だめ!!」←すがりつく息子R。(笑)

しばしの睨み合いの末、あきらめました…。
息子の前で、ジュニア団員の見てる前でルール違反はできませんでした。

やっぱアレやね。 成人式に小学生を招待するのは良い作戦やね。


ookuno116.jpg
許可をもらったら中に入って撮影できるそうです。

そんな私のお気に入りサイトで見つけました。発電所内部の写真が何枚かあります。→

すんません「大久野島紀行・オマケ編」続きます♪


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」 情報はコチラから!! 前売チケ予約受付中♪

大久野島紀行A

ookuno7.jpg
赤レンガの弾薬庫。
大久野島には今治の小島(おしま)と同じく、芸予要塞が建設されました。 海岸線5kmほどのちっちゃい島のあちこちに、旧日本軍の施設が残ってます。
保存状態は小島の方がずっとええわ…。

ookuno8.jpg
中に入ってみた。 屋根はとっくに朽ちてます。

ookuno9.jpg
砲台跡。 柵の中は崩落の危険性ありで、立ち入り禁止です。 奥に見えるトンネルは通れたけどね。

ookuno10.jpg
砲台の掩蔽部(えんぺいぶ)…ってのは、砲撃に耐えられるように頑丈に作った建物です。

ookuno110.jpg
崩れたレンガの割れ目が不自然に新しいのは、もしかして芸予地震で…? とか思ってみたり。

そのBに続きます♪ …が、その前に大久野島のことウィキペディっとく?→

大久野島紀行@

ookunno1.jpg
うさぎ好きのみなさんこんにちわ。 もふもふやで〜♪


ookuno2.jpg
芝居の参考になればと、Kプロ公演「セカンド」出演者たちがやってきたのは、瀬戸内海に浮かぶ小島・大久野島です。

そういや最近、テレビ番組(「ありえへん世界」&「ナニコレ珍百景」)で海に飛び込んで見送りしてくれる休暇村の支配人が紹介されました。(笑)


ookuno3.jpg
島は野生のうさぎまみれ。 ついでにフンまみれ。


ookuno4.jpg
偶然、舞台にも登場する第2桟橋。 ご覧の通り、静かな、のどかな、うさぎの楽園です。

そしてまたの名を「地図から消された島」。


ookuno5.jpg
ここでは太平洋戦争当時、6000トン以上の化学兵器(毒ガス)が生産されていました。 もちろん毒ガスの開発や生産は軍によって隠され、島周辺の地図は空白でした。

久野島紀行Aへ続く…


●Kプロ公演「セカンド」稽古日誌はコチラから♪

間違いをさがせ。

dance1076.jpg
細々とダンスを続けてきた息子R。 まさかのセンターポジションをつかみ取りました。

「農業まつり」でね。(笑)

dance2078.jpg
明らかに違う。

目立つぞR、悪い意味で…。


● Kプロ公演「セカンド」稽古日誌28アップしました♪

◆Kプロ公演情報 『セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜』◆

お待たせいたしました〜!
未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演のご案内です。 お近くの方も遠くの方もぜひぜひご来場ください。 【生きる力】が沸いてくる作品です。

前売り券はメール「info@kpro.info」もしくは、この記事のレスでもご予約できます♪
タイトルに「セカンド・チケット希望」と書いて下さいね。

secondgazou3.jpg
未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演
『 セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜 』 作・演出/白石美香
(←キャデラック)

日 時 2012年1月28日(土)19:00〜20:50/1月29日(日)14:00〜15:50
※ 開場は30分前です。

会 場 今治市中央住民センター大ホール

入場料 一般/前売 1000円・当日1500円 中高校生/前売 800円・当日1000円

チケット取扱店 カフェ・アーリーブルーメル(今治店(阿方)・旭町店)

あらすじ
廃墟となった「小さな軍艦島」片羽島(かたはねじま)。昔、コバルト鉱山の島としてにぎわっていた片羽島では「セカンド」と呼ばれる人々が暮らしていた。ある日突然、鉱山の閉鎖が決まり、人々は島を去ることになる。セカンドたちが選んだ道とは…?
小さな島で明るく力強く生きる、セカンドたちの思いを通して「ふるさと」を描いた作品。

後援:今治市、今治市教育委員会、今治市文化協会、テレビ愛媛、南海放送、今治CATV、愛媛新聞社


●「セカンド」稽古日誌はコチラから→

皆既月蝕

つかの間の赤銅色の月。 今宵、幾万の人々が空を見上げた。

月の魔力だとかいう都合のいいものは存在しない。
月は月の軌道を往き、地球は地球の軌道を辿り、太陽はそこに在る。
それだけのこと。

shoku1112102326005-p1.jpg

新しい恋人♪

この「恋人」たちは訴えられたそうです。

doara111121_1724.jpg
じゃ、これは…?


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」【稽古日誌・37】はコチラ→

職業訓練校Kプロジェクト

masakimini_111204_15180002.jpg
↑ 正樹ちゃん

えーと、スタッフやなくて役者です。

ここ(劇団)にいるといつの間にかトビ職人になれます。

気がつくと大工にも、電気屋にも、画家にも、水道工事屋にも、マッサージ師にも、裁縫の先生にも、うっかりすると料理人にもなれます。

恐るべし、Kプロ!


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」【稽古日誌・37】はコチラ→

私の”音”

Kプロの演出を務めて10年になる。舞台装置やら人の配置やら照明プランやら、演出の仕事は山ほどあるけど、一番私らしさを出せてるのは選曲だと思う。そしてこれは唯一迷いなく自信を持って打ち出せるもの。

芝居に合わせて、シーンに合わせてBGMの作曲を依頼するという選択肢もあるけれど、私はその方法に楽しさを感じない。芝居のために用意されたものを合わせるより、全く違う世界から全く違う目的を持って作られたものをぶつけてみるという作業に、手間と時間をかける方が性に合っているみたいだ。そして、ぶつけた音が予想外に命中した時の快感は他に代え難いものがある。違和感、不安感、疾走感、そういったものが芝居にコントラストを加えてくれればいいと思いつつ。
芝居が出来上がって(早い時は脚本執筆中に)ひっかかる曲があればとことん聴く。聴いて聴いて聴き倒して、同時にシーンを作り上げて、世界観を融合させる。その曲に飽きるとか、そういう次元を通り越して自分の音になるまで聴く。
よく使うのがKORNやマーズ・ヴォルタといった多少ハード目の洋楽で、そして日本のアーティストでは平沢進。まぁどれもこれもアクが強い。舞台の軸になる曲ともなれば、独りで(しかも大音量で)何百回と聴くことになるので、エスプレッソを立て続けに飲むような感じ。はっきり言って体に悪い。精神的にもどうかと思う。それでもトランス状態に入って、そこに舞台が浮かび上がった時に初めて迷いのない選曲ができる。秒単位のシビアなタイミング、音量、セリフとの兼ね合い。ただし、その我がままな音の演出は、相棒の一人である音響のEさん(50才・嫁さん募集中)の操作があって初めて実現する。つくづくEさんには長生きして欲しいと願っている。

そうやって組み立てたBGMはどちらかというとアクの強い合わせ方になるけど、音に関しては無難な選択はしたくない。観る舞台を見る側にとっては、当然、好き嫌いはあると思う。この芝居にこんなのは合わないんじゃないかと感じる人にはもう「すみません」としか言いようがない。でもKプロの選曲、音の合わせ方にハマる人も少なくないのが事実だ。

てなわけで、最近聴きこんでるのはカサビアンというイギリスのバンド。10代でツェッペリンと、ディープパープルと、D.ボウイの「ジギー・スターダスト」を聞いてしまった私にとっては残念ながらそれ以上の衝撃はない。でもイイ感じの延長線上にある音じゃないかと思う。
どんなに疲れても落ち込んでも、こんな贅沢な音に囲まれていると心はすぐに歩きだす。アドレナリンとカオスこそが私を癒してくれる。


Let's Roll Just Like We Used To / KASABIAN

未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」【稽古日誌・37】はコチラ→

ブログ紹介です。

南国愛媛もめっきり寒くなってきました。 震災からもうすぐ9カ月が経とうとしています。 被災者の方たちが暮らす仮設住宅の寒さは、私たちの想像以上だそうです。

↓被災地で生活されている方のブログを2つ紹介します。

いつかは、仙人のブログ「和」Ring-Project のリーダーさんのブログです。

LIFE! 〜復興への道標、そして虹の架け橋〜
仮設住宅で暮らしているはるか♪さんのブログ。
(ブログトップページより)私の生活が激変したあの日。それでも復興を信じて、震災後の生活を少しでも記録しておけるように綴っていこうと思います。常に気持ちは笑顔でHAPPYでいられますように…☆


未来演劇Kプロジェクト10周年記念公演「セカンド 〜高ラカニ、軍艦島ノ鐘ヲ鳴ラセ〜」稽古日誌はコチラ→

Profile

みかちゃんねる
みかちゃんねるCADILAC
「四国今治「未来演劇K-プロジェクト」の団長&演出だったりします。息抜きは息子Rと夫Sの弁当づくり♪」…

New Entries

Comment

Categories

Link

Archives(1303)

Search

Free

ホーマークラブ