やっぱり苦手なもの

ラジオです。ていうか「マイクに向かって喋り」が苦手です。(笑)

劇団とかやってると、たまに地元のFM局に出させてもらう機会があるんですが、ほんとにどっち向いてどんな顔して喋ったらええのか分かりません。

今日、久々に収録に行って来ました。 FMラヂオバリバリ(今治周辺限定♪)
radio1SA394269001.jpg
松山で舞台俳優・タレント業その他もろもろで忙しい悟空さんの番組『悟空の☆デモアリ』のゲストです。 奥の美人のお姉さんは数字占いの姫華さん。カワイイで〜♪

そして、私の天敵・マイクが無言のプレッシャーをかけます。 なんでマイクって立ってるだけでこんなエラそうなん。


radio2SA394265.jpg
まともに台本のあるラジオ番組に出るのは初めてです…。


radio3SA394272.jpg
ていうか、なによこれ。 時間が余らんで良かったわ。

ええと、悟空さん。 もしかして「同姓」やなくて「同性」ですか?
いや別にいいんですけどね。 同姓に人気があっても。(笑)

というわけで、今治近郊にお住まいのみなさま、11月3日(火)夜8:00〜8:30、FMラヂオバリバリ『悟空の☆デモアリ』でお会いしましょう♪ サバラ!

ハロウィンべんとうと「デコふり」の方程式

ワケアリで急に弁当がいることになった今朝。…あ、ハロウィンべんとう作ってない。
ということで、ありあわせの材料でレッツゴー。

かぼちゃオバケのオレンジ色どうしようかなと思ってたら、関西美女軍団とのオフ会でもらった「デコふり」発見。赤・黄・緑・紫・ピンクの5色入ってます。

オレンジ色ないやん。

そこでまだ半分寝てる頭をひねって考えたキャデラック。「黄色と赤まぜたらオレンジになるはず!」…ナイス、私。

で、やってみました。「黄+赤=オレンジ」を実証しようじゃありませんか♪


hallowinbentoSA394261001.jpg
…。

なんだこれ。煮え切らん色。

おまけに野菜はないわ、小道具はないわで、やっつけ感まる出しの極めて寂しいハロウィン弁当が出来上がったわけです。

一つ勉強になりました。「デコふり黄+赤=肌色」…何でも混ぜたらええっちゅうもんやないということやね。


hallowin1SA394250.jpg
それでも息子Rは学校から帰って喜んでくれました。
「今日のおべんとうね〜、ハロウィンのおにぎりね〜、おいしかった♪」


hallowin2SA394254.jpg
ビジュアルには一切触れず。 要するにデコふりは美味しいらしいです(笑)

新作あがりました〜♪

Kプロ来年の本公演用の脚本、第1稿があがりました。
daihon1SA394105.jpg
『Mercado』 …"メルカード"と読みます。 スペイン語で「市場」の意味ね。

daihon2SA394109.jpg
できたてホヤホヤざましょ?
年末にかけて忙しくなるので、ちょいと前倒しで一気に書きあげました。 やればできるもんやな。 本書いてる時のワタシは普段のキャデラックとは違います。 付いていけないっていうか、近寄りたくないっていうか…。

参考までに(何の参考かよく分かりませんが)私が脚本書く時の手順を初公開。

@ 会場を押さえる。(←まずプレッシャーをかける)
A 役者を押さえる。
B タイトルを決める。(←良い子のみなさんはマネをしないで下さい)
C 何となくイメージがわいてきたら主要なキャラクターを頭の中で遊ばせる。…と、ストーリーがどっかから降りてくる。
D オープニングとかエンディングとかに使用する、メインのBGMが決まってくる。
( 最近"平沢進"が面白いので、次回もこの人の曲♪)
E メイン曲を運転中に大音量でかけながらシーンのイメージを膨らませる。
F たまにスピード違反で捕まる。
G このころには何だか舞台セットも見えてくる。
H もうこれ以上頭ん中に置いといたらアカンな、というまでガマンして置いとく。
I おえっ…ってなってきたら、ネタ帳…いや、B5ノートとボールペンとタバコを持って夜の喫茶店に駆け込む。
J コーヒー一杯で閉店まで粘ること延べ5日〜10日。(←たいがい嫌われてる)
K 自分の殴り書きが解読できず、やり場のない怒りを撒き散らしながらパソコンに打ち込む。
L プリントアウトして読み返す。(←画面では読んだ気にならない)
M 訂正してはまた打ち出し、そして訂正…の繰り返し。
N とことん客観的に批判的な目で読む。
O 「よっしゃ、まあとりあえずこれで許してやるか…」と、自己OKが出る頃には、家は紙くずの館と化している。
P 劇団に持って行って試し読み。

…まぁ、これから練習が進むに連れて改稿も進み、本番までにたいてい「第6稿」くらいまで行くわけです。

本を書くのは早いほうだと思うけど、それにしても今回の『Mercado』は第1稿あがるのが異常に早かったです。 バケツの水ひっくり返したみたいにザーッとした勢いで書き上げました。 久々にただひたすら気持ち良く書けました。 あれこれ考えることなく、ただ思うままに。 まず一般ウケはしませんわ…。

『イナヅマ遍路』を見てKプロファンになって下さった方、今から謝っときます。 ほんまゴメンね〜〜♪

初・キッザニア♪ A

さて、消防士→電車の運転士…ときた息子Rの華々しい(?)転職歴。最後は…

kiza5SA394227001.jpg
すし職人。(そうきたかーーー)
粋だね〜〜♪

kiza9SA394195001.jpg
料理大好きのR、めちゃめちゃイキイキしてます。

kiza7SA394199.jpg
自分で握ったお寿司をお持ち帰り。私も卵をいただきましたよ。変な感動…(笑)

これでいつでもスシ●ーでバイトできるな、Rよ♪


でだ。
キッザニアは2部制で、私らが入ったのはpm5時から9時までの午後の部。帰りのフェリー出航が10:30だから、ラストまで遊んだら乗り遅れる危険性がある…というわけで、遅くとも8:30には出る予定にしてたんですわ。 そして散々遊んだ8時すぎ、Rが「運転免許証を取りたい」と言い出しました。 なかなか来れるもんじゃないし、免許試験場は空いてたから行かせました。そ・し・た・ら…

なかなか出てきやがりません。

一回入ったら親はノータッチ。 急げとも、もう切り上げろとも言えません。
そこで係りのお兄ちゃんに「あそこで免許取ってる○○ですが…もう帰らないと船に乗り遅れるんです…四国から来てるんです…」と訴えました。 「え? ほんとですか! …ちょっ、ちょっと待ってください!」兄ちゃん奥に引っ込んで何らかの手配をしてくれたみたいで、Rが一番に出てきました。 他の良い子のみなさんスンマセン。 これが大人の事情というもんです。 ほんとの社会に出たらいずれ分かります。

嵐のようにキッザニアをあとにしたキャデ一行。
時刻は既に8:50。 タクシー乗り場までダッシュです。 南港までの最短ルートをタクシーの運ちゃんに確認して、美女連合のみなさんが教えてくれたルートと若干変更。 この運ちゃんがめっちゃええ人で、事情を話すと親身になってスムーズな乗り継ぎを考えてくれました。 ええ人やけど…

道まちがうなっ! 客乗せたまま会社に帰ろうとするなっ!(笑)

慌てて引き換えし、ほとんどバックで阪神甲子園駅に到着…。
それからキャデ家3人、走る走る。 階段とか1段飛ばし。 阪神電車→環状線→地下鉄→
ニュートラム…ホームでの待ち時間ナシの奇跡の乗り継ぎで何とかフェリーに間に合いました。
ひざガクガクのキャデラック、環状線のあたりで既に真っ白に燃え尽きていたらしいキャデ母、そして学校の皆勤賞を逃さずにすんだことを涙ながらに喜ぶ息子R。
晩ご飯? 食べる暇あるか。

…なんやこの最後の罰ゲームみたいなの。

こうして月曜日の朝無事に今治に帰り着き、息子Rはその足で学校へ行きました。 ランドセルも制服も車の中に用意してた賢いキャデラック。 段取りがいいんだか悪いんだか。


kiza8SA394223.jpg
汗と涙の結晶、いや、汗と涙の原因となった問題の運転免許証。↑

あ〜、楽しかった(笑)
キッザニア、ほんとにお勧めです。 親はやることないからヒマかと思ったけど、意外とそうでもない。 普段鼻たらしてる我が子の今まで見たことないような真剣な顔やら、とんでもなくイキイキした顔を見ることができます。


ちょっとだけ頼もしくなった息子Rに乾杯♪

そして、もうちょっと計画的になろうよと誓った自分自身にも乾杯♪

初・キッザニア♪ @

kiza01SA394225.jpg
息子R、初めてお金を稼ぎました。


kiza1SA394219.jpg
就活ナシでお仕事体験ができるという、なんともファンタジーなテーマパーク、キッザニア甲子園。 そう、愛媛から出稼ぎ…(笑)

この日、息子Rが体験したのは、消防士、運転士、すし職人。 私お勧めのパイロットは「落ちたら怖いから」の理由で却下されました…。


kiza2SA394174.jpg
まずは消防士
簡単な訓練を済ませたあと、絶妙のタイミングで火災発生! 街角のビルに火の手が上がってます。このセットがけっこうリアルで、レスキューの遺伝子が騒ぎます。(笑)

6人の消防士が集中放水。 ガンバレ、小便小僧たち♪


kiza3SA394229001.jpg
次は電車の運転士

kiza4SA394215.jpg
えらいリアルやな〜と思ったら、本物の阪神電車の車両だそうです。 発車から減速、停止まで、延々と6駅も運転しました。 これ私もやりたい〜〜。


そのAにGO!

もう一つの再会with関西美女連合♪

さて、南京町で苺ママたちと別れて、キャデ家が向かった先は甲子園のららぽーと
ohukaiSA394160.jpg
関西キャラ弁界の大御所たち・またの名を「関西美女連合」の皆さまと久しぶりの再会!
Rの右隣から、帽子を被ってきてくださいryon4さんデコピカリ美人さっちょむさんカワイイ○与千種ヒスママさん働く京野菜りよさん、りよさんの娘っちモカちゃん

いや、この美女連合を予定時刻より1時間以上待たせた命知らずな私です。

短い時間だったけど、ほんま楽しかったです♪ いっぱいお土産ももらったし、おばちゃんさんからは有田ミカンの差し入れ。愛媛県人にミカン。あはは…♪

キャラ弁を作れない私がなぜこんなVIP待遇で向かえていただけるのかは全くもって謎です。
でも、次はガッツリゆっくり会いたいです〜〜♪ みんな大好き…(笑)


kaiyukan1SA394120001.jpg
で、この日の朝に行ったのは「海遊館」。ジンベエザメがハロウィンバージョンに♪

私、水族館好きなんですよ。 あの閉鎖された空間が。(笑)
「今大地震が起こったらどうなるんやろう?」と想像して、ゾクゾクするのが好きなんです。

kaiyukan2SA394117001.jpg
海遊館の外にこんなオブジェが…!

大阪湾のゴミで作った魚らしいです。 これ、キャデのハートにストライク♪

kaiyukan3SA394139001.jpg
こっちは裏側ね。

瀬戸内海のゴミ集めてタチウオ作るプロジェクトとか…やめとこ。言いだしっぺは(笑)

密会。いや、再会。 A

ichigo5SA394148.jpg
初対面の苺ちゃん&息子R。 なんや照れながらプレゼント交換やってます。

ichigo6SA394149001.jpg
おっと、苺ママに下ネタ扱いされた問題のTシャツ。「ロック」です「I Love rock!」
後ろのキャデ母は食べ放題をいいことに食べ過ぎて動けない模様。

ichigo7SA394151001.jpg
下の妹ありさちゃんも登場。 さり気に苺ママが宣伝してるのは、彼女とりよさんが出版した「えごころサンド」の本です。 ありがたく貢ぎ物として頂きました。

直筆ラクガキ付きでね。 本文よりラクガキの方がメインな勢いです。

ichigo8SA394232.jpg
表紙は「いしの軍団」のサインです。


去年の今頃、お母さんを亡くした苺ママです。

1年経った今、苺ママは2人の妹たちのお母さんでもあります。
そして2人の妹たちは苺ちゃんのお母さんでもあります。

…そんなステキな4人でした。

密会。いや、再会。 @

ichigo1SA394141001.jpg
ちょっくら中国へ、いやすんません、中華街へ行ってきました。

ichigo2SA394143.jpg
苺ママに会いに♪


ichigo3SA394146.jpg
女子大生になった妹のみほちゃん。 あいかわらずいい味でてます。

ichigo4SA394147.jpg
苺ちゃん登場〜。

ていうか、…あんたら、誰か一人くらいカメラ目線ちょうだい!

食うなら食う、チュウするならする、ピースするならする!

AへGO♪

呉・日帰りツアー C

kure14SA394011.jpg
『フッフッフ…久しぶりだな、ヤマトの諸君…』(by 伊武雅刀)

だめだ。 これ見たらいやおう無しにこのフレーズが浮かぶ私はアラフォー。

kure15SA394019.jpg
主砲の角度が気に入らないけど、本物の10分の1スケールの模型。 大きすぎて、広角レンズがないと全部納めることできません。 …にも関わらず携帯で撮影♪ ええ、主砲の角度が気に入らないけど。

kure16SA394018.jpg
ゼロ戦、潜航艇「海龍」などの実物が展示されてます。 よく知らなかったんですが「海龍」っていうのは飛行機のような羽が付いてて、海中で自由に旋回できるように設計されています。 特攻兵器というわけです…。

kure17SA394014.jpg
「人間魚雷」と呼ばれた海の特攻兵器「回天」の潜望鏡。

命中率を上げるために、人間一人が乗り込めるように改造された魚雷。 魚雷一発命中のために人間一人の命です。 実物を前にしたら言葉がありません。

潜望鏡をのぞいてみました。
水面下数十メートルにたった一人、敵艦を確認したら潜望鏡を下げて、たった一人で突っ込んで行くわけです。 命中しなければ「当たるまで」何度も試みるわけです。 …ごめんなさい。 今ちょっと画面がにじんで見え辛いです。

太平洋戦争の末期、20才になったばかりの百人以上の若者の命が、このとんでもない兵器と共に海に散りました。 これも知らなかったことですが、愛媛県にも回天の基地があったそうです。

あかんね、こんなこと繰り返したら。
息子を持って、しみじみとそう思うようになりました。 息子がもう少し大きくなったら原爆ドームに連れて行こうと思います。 せっかく近所にあるんやからね…。

もうはるか昔のことだけど、キャデラックが在籍してた大学に「幼い頃広島で被爆して、今も後遺症と戦っている」という教授がいました。 言語学だったかの講義の合間に、自身の被爆体験を私たちに聞かせてくれました。 教授が冗談交じりに言った一言が今でも忘れられません。
「原爆で死んだ人たちは戦争の実験台。そして生き残った僕らは国の実験台なんですよ。」

こういうことも思い出させてくれた呉の一日でした。 重い記事になってしまったけど…、ま、たまにはね…。(笑)

★てなわけで、明日の晩からちょっくらお船に乗って船中2泊の旅に出ます♪
!Hasta luego!

呉・日帰りツアー B

kure9SA393998.jpg
どうやっても潜水艦には潜り込めないことを悟った夫Sと他2名、地上にいながら実際の潜水艦の中が体験できる海上自衛隊呉資料館、通称「てつのくじら館」に向かいました。


kure10SA394035.jpg
艦長室。 シャワー室やないよ、艦長室。 潜水艦の中は想像以上に狭いです。
小さくても個室があるのは艦長だけ…。


kure12SA394039.jpg
赤色灯になった艦内。 意外と目に優しい色でした。(笑)


kure13SA394004.jpg
最後の目的地はここ。 「大和ミュージアム」…○○○ハウスの展示場やないですよ。


(ラスト・そのCに続く)

呉・日帰りツアー A

kure6SA393992.jpg
手前の(464)が掃海母艦「ぶんご」。 海中の機雷を撤去する掃海艇(子どもたち)の母艦(お母ちゃん)です。


kure7SA393963.jpg
ここらで一休み…。 効きそう。 効きすぎて鼻血が出そう。


kure8SA393961.jpg
護衛艦を降りると、潜水艦の群れ(?)が…! 潜水艦映画大好きの夫S、異常にテンション上がってます。 いっそのこと潜れ。 潜って来い。


さて、夫Sがどうやって潜水艦に潜り込もうかと悩んでる間に…クイズです。

kure20SA393980.jpg
↑これは何でしょう?

(そのBへ続く)

呉・日帰りツアー @

高速道路もしまなみ海道も1000円になって、やたら出かけ癖のついたキャデ一家。
先週は橋を渡ってお向かいの広島・呉基地周辺に行ってきました。

kure1SA393965.jpg
毎週日曜にやってる護衛艦の見学。 私らが乗ったのは右端の「やまゆき」です。
中央奥の方に見えるのが何とかっていうイージス艦。…以下、私の知らない世界なのでコチラ参照、もしくは戦艦マニアさんがいたら解説お願いします(笑)


kure2SA393979.jpg
目の前にいきなり魚雷。 本物。


kure3SA393974.jpg
8連式のロケットランチャー。 やっぱり本物。

すごい迫力に圧倒されるし、かっこいいな〜と思います。 …でも、本当はこういうのを使わなくて済む世界ならいいのにね。


kure4SA393986001.jpg
物々しい装備とは対照的に、優しく爽やかな海上自衛隊のお兄さんたち。 息子Rはさっそくお友だち気取りですわ(笑)

『あのね〜、Rね、海洋少年団なんよ〜』

…何か勘違いしてます。 頭を抱える母をよそに手旗信号を披露するR。 もうよせ。


(そのAに続く)

息子R、8才になりましたとさ♪

息子R、8才の誕生日を迎えました。
ということは、産みの苦しみから丸8年です。「高齢出産を乗り越えた私って、きっとこれから何でもできる♪」と、間違った自信がついて丸8年です。あれから間違ったままです。

いつものパウンドケーキに、トッピングは砂糖を混ぜたクリームチーズ&ココア。ついうっかりトッピング材料買いわす…。

いえ、エコトッピングです。エコ。何でもエコ言うとけ。

birthday1SA394070001.jpg
こんな地味なケーキも…


birthday2SA394071001.jpg
暗くするとちょっとエエ感じに見えます。エコ演出。


birthday3SA394074.jpg
そんなに嬉しいか?


息子R8才。最近ごまかせなくなってきました。あいかわらず年上の女性が好きです。まだおっ○い星人です。かけっこは6人中6位で、障害走は6人中5位でした。それでもフットサルとスイミングは大好きです。「勉強しろ」と言う夫Sと「運動しろ」と言う私の間で揺れ動き、結局ゴロゴロしてます。目立つことがキライみたいですが、舞台に立つのは平気です。朗読は私より上手いです。学校で書く作文はありきたりでオモロないですが、たまに家で書く脚本はシュールで笑えます。字は汚く、最近ますます注意欠陥の傾向が強くなってきました。驚くほどの大喰らいです。しかし痩せてます。う○こを1日2回はするからかもしれません。そして一日中オナラしてます。なんか…書いてたら心配になってきたのでもうやめときます。

それでも、買ったケーキよりヘタな手作りケーキが食べたいと言ってもらえる私は、ものすごく幸せな母かもしれません。

幸せついでにRの好きな食べ物を聞いてみました。

1、そば
2、私の料理
3、回転寿司


…聞くんやなかったわ。

遠足ボツ弁当

ensokubento1SA394056001.jpg
「台風18号接近のため遠足が中止になった日」のお弁当。

「レインコート着て行く行かんで今年最悪のケンカになり、息子Rは泣きながら走って学校に行った日」のお弁当。

ennsokubento2SA394055002.jpg
栗ぼうやとブドウね♪

去年の二の舞はしませんて。 栗から直接イガイガ生やすみたいなマネはしませんて。

息子Rが帰宅して「お互い大人げなかったな。」と仲直りしたけど、お弁当の話になって再度凹んだわ…。

「目とかがね〜、あっちやこっちに散らばって、ぶどうの芯もどっかいってぐちゃぐちゃやった〜〜。あはは〜〜♪」

あ゛…。「泣きながら走って…」 そうやね、確かに全力疾走やったわ。

Jr.の感想

「Kプロ稽古場日誌」に、施設訪問に参加した子どもたちのコメントが寄せられていました。

これ読んで、ちょっとほっとした。「おじいさんやおばあさんにほめられて嬉しかった」「また参加したい」素直にこう感じてくれてほんとに良かった。

それから蜜柑さんが昨日レスをくれたんだけど…
「私が歳をとって自分がわからなくなった時に、もしこんな活動してるグループに出会ったら嬉しい。涙を流すと思う」

これ読んで「ああそうか…」と思った。

私らに出来ることを心を込めてやってるはずなのにどうしてこんなモヤモヤするんだろう?
この不安な気持ちは何なんだろうと、ずっと思ってたんだけどね。

「自分が歳をとって」…そう、自分が歳をとってKプロJr.みたいに子どもたちがたくさん訪ねてきてくれたら、きっと私は30分くらいじゃ足りないと思う。もっともっと一緒に遊びたいと思うし、次はいつ来るんだろうと心待ちにするにちがいない。

たぶんね、おじいちゃんやおばあちゃんがすごく喜んでくれて、子どもたちもそれを嬉しく感じて…私たちは(両方にとって)とても意味のある経験をしたんだと思う。次の約束ができないのが何ともいえないジレンマなんやね。

今はやることがいっぱいあって、約束はできないけど…また呼んでください。喜んで行きます!

jr5SA393940.jpg
マイク持ち係りもお疲れ。(これは綾香かな…?)

jr6SA393947.jpgjr7SA393948.jpg
終わった後にジュースとお菓子を頂きました♪
ありがとう、そしてお世話になりました!


◆『イナヅマ遍路』舞台写真&DVD予約はコチラ♪

KプロJr. 「希望の園」訪問

10/3。KプロJr.とKプロ有志の16人で老健施設「希望の園」を訪問しました。 訪問の様子は、たろが稽古日誌にレポしてくれてます。

施設訪問は去年に引き続き2回目です。 去年は各施設にこちらからお願いして(去年の様子はコチラ)、今年は依頼を受けての活動です。
3つの作品の朗読が終わって、やはり去年と同じように一人一人お年寄りの方たちの手を取って一言声をかけていく…。 子どもたちには「両手で手を握って、しっかり目を見て、大きな声でね」と言いました。

初めて参加するメンバーはやっぱり初めは戸惑ったようでした。「恥ずかしい」「なんか嫌だ」…と、小さな団員は正直に不安な気持ちを私にもらしました。 それでも訪問が終わって、階段を下りる途中「自分からちゃんと握手できたよ。頭をなでてくれたよ」とニコニコした顔に変わっていました。

あるおばあちゃんは私の手をふっくらした両手で包んで、涙を流しました。 「ありがとう、ありがとう」と泣きながら、ぎゅっと握ってしばらく離そうとしませんでした。
あるおばあちゃんは、手を握っても焦点の合わない瞳を開いたままで、反応がありませんでした。 私たちが目の前でしたことを理解していないのです。 心は「ここ」じゃないどこかの世界をさまよっているのです。 …でも、冷たい手を握ったまま、ぼんやりとした瞳の奥を見つめていると、すうっと目が合いました。 そして何か言いたげにゆっくりと唇がう動きました。 言葉を交わすことは出来なかったけれど、一瞬のことだったけれど、おばあちゃんの心は確かに「ここ」に戻ってきていました。

何度か書いてきたとおり、私は人から感謝されるような立派な人間じゃない。 KプロもKプロJr.もボランティア団体じゃない。
確かに、子どもたちの訪問を喜んでくれたお年よりは何人もいたけど、明日わたしたちはいない。 この短い時間で何ができたのかと思うと、申し訳なくて、不安でたまらない。
去年感じた「はがゆさ」が何なのかまだ分からないままで、「私たち、こんな良いことをしてます」と誇らしげに言えない自分が(自分たちが)いる。 私のバカな頭は矛盾と混沌で同じところをぐるぐる回っている。

それでも、依頼がある限りやめちゃいけないと思う。 理屈は分からないけど、とにかくそう思う。

がんばったメンバーたち↓
jr1SA393939.jpg

jr2SA393944.jpg

jr3SA393943.jpg

jr4SA393945.jpg

舞台写真到着ーー!

お待たせ。待ってたと言って。

未来演劇Kプロジェクト第7回公演『イナヅマ遍路』の舞台写真アップしました。ゲネプロ(リハーサル)と本番の様子を、今回もコバーキーさんが「カッコよさ5割り増し」で撮影してくれました。その全貌はコチラから→

↓リンクに跳ぶのが面倒なメンドクサガリーターの為にチラ見せしときます。
s2inazumaz23.JPG
左からルビー役の若、信子役の弘美、広役のたつき、良夫役のかずき、ヒルダ役のたろ。
たろ、楽しそうです(笑)

s2inazumaz27.JPG
ローズ役のキャデラック、行きまーーーす! けっこう跳んでるなぁ…

s2inazumaz46.JPG
ラストシーンはこうなりました♪ いったいどんなお話なんざましょ?

s2inazumaz48.JPG
子どもたち、めちゃめちゃカッコイイ…。

s2inazumaz47.JPG
左半分も…かっこいい、か?(笑)

これ見て、本編DVD見たくなった人手を上げて〜〜♪

ご希望の方は「info★kpro.info(★を@に変えてね)」まで、お名前(本名)・ご住所を明記してメールでお申し込みください。 税込み価格1000円(送料はサービス♪)です。
◆件名は「イナ遍DVD希望」としてください。
◆まれにメールが行方不明になる場合があります。2〜3日しても返信がない場合はお手数ですがこのブログに書き込んで下さい。

変形写真

kakekkoSA393933.jpg
伸びてる。 明らかに左斜め方向に伸びてる。…なぜだ。

@ 絶妙な手ぶれ。
A 運動会の神様が左斜め方向に引っぱっている。
B カメラオタクのしわざ。
C 息子R、実はものすごいしゃくれ。


★『イナズマ遍路』DVD予約受付中♪ 詳しくはコチラ→★

Profile

みかちゃんねる
みかちゃんねるCADILAC
「四国今治「未来演劇K-プロジェクト」の団長&演出だったりします。息抜きは息子Rと夫Sの弁当づくり♪」…

New Entries

Comment

Categories

Link

Archives(1303)

Search

Free

ホーマークラブ