今年の弁当蔵出し

06-11-10_bento.jpg06-06-29_bento.jpg06-11-22_bento.jpg
左から…
@ハンバーグ・ブロッコリー・やきそば
Aライ麦パンのサンド(ハム・きゅうり)黒糖パンのサンド(アボガド・チーズ)
Bカレーピラフ・チーズうずまきカニカマ・ひじき煮物・プチトマト

06-12-10_bento.jpg06-10-20_bento.jpg06-12-28_bento.jpg
同じく左から…
C三色おにぎり・ダイコンの煮物・卵焼き・ブロッコリー・つくね
Dちくわとアスパラのきんぴら・プチトマト・スパゲッティー
Eうめしそおにぎり・野菜の豚肉巻き・タコウインナー・ピーマン

ちなみにCは劇団の稽古に連れてった時の弁当。稽古場を出て、お日様の下みんなで食べる弁当はウマさ5割増し♪

Rのクリスマス

06-12-25_kitchen2.jpg06-12-25_kitchen1.jpg06-12-25_cook1.jpg
クリスマスネタでどんだけ引っ張る気だ?私。

去年のクリスマス、息子R(当時4才)は「キッチンをください」とサンタさんにお願いした。結果、枕元にあったのはラジコンカーであった。(←サンタ夫婦の協議の結果)

そして今年のクリスマス、息子Rがサンタに手紙を書いていた。こっそり読んでみると「こんどこそキッチンをください」…サンタ夫婦、再び緊急会議。

結果、息子Rの枕元に念願のキッチン降臨!

イギリスのメーカーの「CASDON」とかいうシリーズ。 (中国製造だけど…)ボタンを押すと、おおっ!オーブンが光って「ブーン…」という機械音。コンロはIHで、これもリアルに光る。息子Rの瞳もキラキラ光る。…うん、これでよかったんだ。これで…(涙)
デザインもなかなか凝ってて、何といってもキ○ィーちゃんの声が喋ったり、ピロピロピロ〜♪とメロディーが鳴ったりしないのが嬉しい。(←ここら辺は何故か私の好み)

サンタ夫婦グッジョブ!

エプロン・帽子・なべ掴みのオマケ付き。女の子はピンク、男の子用はブルーらしい。…なんだ、男の子も使うんじゃん。

★最新キリ番情報★

「160000」です。このペースでは明日かあさってに踏まれるもよう…。

カウンター「160000」踏んじゃった人は遠慮なくカキコください!
記念品(?)を進呈いたします。

そう、そこの何度か踏み損なってる○○○さん!ことし最後の運試しですよ(笑)

うちのクリスマス

06-12-25_cake2.jpg06-12-25_cake1.jpg06-12-25_bento.jpg
今年はクイーンアリスの「ベリーベリーチーズロール」。
チーズのムースを別に買って添えてみた。来年こそ手作りを…(←3年くらい言ってる)

で、最後のは25日の預かり保育の弁当。おべんとサイトの師匠・おすぱさんの許可を得て「雪だるまべんとう」贋作を作ってみた。何となく記憶を辿って作ったところ「なんか違うなー、えらいあっさりしてるなー」…あっ、雪だるまにマフラーとボタンがない!
あははっ…まあいいや。息子Rは大喜び♪

Kプロ・クリスマス会

06-12-24_crape.jpg← クレープ製造機
稽古場兼倉庫の大掃除のあと、劇団のクリスマス会がにぎにぎしく執り行われた。劇団員Sが「クレープを焼きます!」と持ってきたのが、このハイテクマシーンである。
取っ手のついた丸い物体が熱くなって(写真中央上部)クレープ生地を溶かした容器に付けるとあっというまにパリパリに乾いていい具合に焼き色がつく。それをはがして出来上がりというわけだ。鉄板を汚すこともなく、竹とんぼみたいな道具で丸〜く延ばす技術もいらず…
ブラボー!
06-12-24_tako.jpg06-12-24_carpaccho.jpg
↑そして劇団員Kが朝獲ってきたタコ。…そう、Kは海の男である。
獲れたてゆでたてのタコを、ワタシがちょちょいっとカルパッチョに加工。
味付けはオリーブオイルと伯方の塩とチーズ、ナッツだけである。ホントは生がウマイんだけどね、一応場所が場所なだけにゆでたタコで。味は…しまった、味見してない!!
食った人どうだった?…お腹こわしてないですか??

個人面談

息子Rの個人面談でW幼稚園へ。

「最近Rが外で遊ばないんですよ〜。寒いとか言って…」
「ええ、幼稚園でも中での遊びが多いですね」
…なんてこったい!「子供は風の子幻想」を抱いている私にとってはかなりイタイ息子Rのヘタレっぷり。家に帰るなり「おべんきょうするの」と、訳の分からない足し算引き算なんかを始めるR。まだらに正解してる上に、間違いを指摘すると「まちがってない!」と負けを認めないからタチが悪い。
最近の幼稚園はどこも自由に自分のしたい遊びをさせる傾向にあるが、こんな若年寄りみたいな幼児達をまとめて園庭に引きずり出してマラソンぐらいさせては貰えないだろうか。

最後に先生が「お母さん、痩せましたね…。公演大変だったんですね」と一言。
ああ大変だったさ。2キロ痩せたさ。稽古の運動量もあるが、ラスト1週間の寝不足のお陰で一気に痩せるのさ。
重たい小道具・M16を振り回してたせいで二の腕のタプタプも一時的には解消。
でもね…顔が痩せるとね…小ジワが目立つんだよ!
結論「痩せたいヤツは寝るな」

06-11-28_touban.jpgお弁当の「当番」このエプロン、女の子がつけたらめちゃカワイイ

★オマケ★

syugousyasin.jpg
「楽しかったです…ありがとうございました!」〜Kプロ一同より。

公演終了報告・2

舞台がハネたら、撤収、その日の内に打ち上げ。ぐだぐだに疲れ切って、テンションが上がりきったトランス状態で打ち上げに望む。これがKプロの鉄則である。
今回は結成5周年と、3人の団員の卒業公演というわけで、みんな泣くわ泣くわ…。普段は涙腺がないのかというくらい泣かない私が、年に一回、この日だけは泣いてしまう。

中学生で入団して4年、東京に出て行ってプロの道へ進む決心をした劇団員K。なんかカッコイイ言葉で送り出してやろうと思ったのに、涙でグダグダ。…情けねぇ。

Kも泣き出すもんだから、情けねぇ2人は肩を抱き合って泣いた。久々に男の子の涙を見た気がする。男の涙ってのはこんなに重くて熱いものだったのか…。

06-12-12_senho.jpg打ち上げ会場「SENHO」のママ、Aさん

公演終了報告・1

06-12-17_butai1.jpg06-12-17_butai3.jpg06-12-17_gomi.jpg
未来演劇K-プロジェクト5周年記念公演「サイレント ナイト ブルース」…無事、全3回の公演終了!
無事…とは言いがたいかも。
なぜなら現場入りの前日に役者の一人Tが流行最先端のアノ病気発症。流行に敏感なヤツめ。
泣く泣く判断して、金曜のリハと土曜の本番はT抜きで上演することに…。
急きょ台本の書き換え→セリフ覚えなおし→音響・照明の変更→1日目本番→(嘔吐がおさまって)T復帰→台本元通り→再度セリフ覚えなおし→音響・照明再度変更→2日目本番 …という荒業をやってのけるはめになった。

さすが10代の役者は頭の切り替えが早く、すぐに覚えなおしたのだが、問題は役者最年長の私。書いた本人、演出してる本人でもある…にもかかわらず、2日目にやってしまった。
T復帰の舞台で、T抜きバージョンのセリフと混乱してしまい、一瞬の沈黙→「とにかくセリフ言うてまえ」的な強引な展開→そして強引に修復。
観客には全くバレてなかったようだが、共演者と裏方は「姐さんマジで〜?もしやと思ったけどやっぱりやっちゃったよ!」と、心の叫び。
…お詫びのしようもございません。アハハッ♪

そんなこんなで無事終了。ちょっと展開が分かりにくいという意見もあったけど、おおむね評判はよく、ラストでは号泣する客様もいたり。いつもより格段に疲れたけど、アクションも事故なく決まって、私自身にもいい思い出になりました。

写真左から
「サンタ親子3人と舞台監督」「新人コンビ」「楽屋裏で目に入った、ちょっと嬉しいゴミ」

舞台写真はここから見れます→ 「舞台写真1」 「舞台写真2」

いよいよ現場入り

今朝から大道具搬入、照明仕込み、そして急病の役者Tの穴埋めをすべく台本変更&覚えなおし…。
どうやって家に帰ったのか覚えてない。あと2日無事に終わったら誉めてやってください。
うん、だれでもいいから…。
06-12-11_bento.jpg
で、今朝の弁当↑ ついにプチまるカマボコ(イラストつき)に冬バージョンが出現!
分かりにくいけど、雪だるまがかなりカワイイです。

・まぜごはん
・たまご焼き
・プチトマト
・ミートボール
・プチまるカマボコ

クリスマス会リハーサル弁当

来る12/16日は息子Rの幼稚園のクリスマス会。
ミッション系幼稚園で一番気合の入ったイベントは、市内で一番でっかいホールを借り切って取り行われる。年少児は歌と踊り、年中児は鼓笛隊、年長児はキリスト降誕劇。息子Rは念願の中太鼓担当である。

しかし今年はみごとに舞台の本番に当たってしまい(16、17日)夫Sと母に行ってもらうことに…。で、昨日はリハーサル。なのでせめてものテンションアップにこんな弁当にしてみた。06-12-14_bento3.jpg「クリスマスツリー」だよ。ツリーと言ったらツリーなの。

・まぜご飯
・ノリ
・ブロッコリー(ツリーの葉っぱ)
・焼き豚(ツリーの幹)
・コロッケ(地面)
・プチトマト・ハム(ツリー飾り)
・スライスチーズ(☆)
・粉チーズ(粉雪)

息子Rの反応は…
R「すごーい。かわいいー。明日は立ってるツリーにして」
私「立ってるやん、これ」
R「ふたをあけたらツリーが立つのがいいの!」
私「…無理。…手品?」

★次回キリ番は…★

「155555」です。もう一度いいます、「155555」ですよ♪

なんか今度もあっというまに過ぎそうな気配なんですが…。以前にも書きましたが、キリ番踏んじゃった方は申請ください。ちょっとしたプレゼントをいたします。
neckless.jpg
↑…だと思った?

違います。これは今回の舞台「サイレント ナイト ブルース」の小道具。舞台監督手作りです。本番では私の胸に♪

バロメーター

06-12-04_cafemocha.jpg
深夜のサ店で思わずこんなものを頼んでしまって、疲れがMAXになってることに気付く。

本番まであと3日…食って乗り切れ。

アイスカフェモカ(珈蔵にて)

さいこー。

06-12-11_sinmai.jpg
炊きたての新米に海老味噌。(母の手作り)

嗚呼、日本人に生まれてよかった。

乗。

06-11-27_bento.jpg06-12-04_bento.jpg
「とりあえず乗せてしまえ」的な弁当2種。

・雑穀ごはんの上に、前日のドライカレーの残り、スクランブルエッグ、グリンピースでハートを書いてみたり…。

・雑穀まぜごはん(作り方はココ)の上にスコッチエッグ(冷凍食品)、レバーの焼き鳥、ブロッコリー、たこウインナー。

困ったときは乗せてしまえ、乗せてしまえ〜♪

1122。

去る11月22日はズバリ「いい夫婦の日」
というわけでイベント乗っかり大好き夫婦の私たちは、まだ新婚の湯気が立ってる「ホントのいい夫婦」友人RとAご夫妻に誘われて、1週間遅れでエスパーニャ・ミロに。
06-12-03_tapas.jpg06-12-03_paella2.jpg06-12-03_paella1.jpg
左がタパス(前菜の盛り合わせ)
レバーペースト・クリームチーズ・里芋の串刺し、サーモンマリネ、シカのソテー、たらこ、クスクスのサラダ。

中央がパエジャ。魚介がたっぷりざます。

そして右が、魚介アレルギーのワタシのリクエスト「お肉のパエジャ」。
おこげをガリガリこそげて食べるのが通です。…だと勝手に思ってる。
「ガリガリガリガリ…うまい…ガリガリ…」やたらウルサイ私たちのテーブル。うるさかったら言ってください、お店の人!

シェフさまから嬉しいサプライズもあり、満足満腹の一時でした。

私たちが食べたのは12月のミロコース。詳しくはコチラ→

★キリ番GET…する?★

カウンター「150000」が近いことにきがついてしまった。
…え?「150000」って。「1500」とかの間違いじゃないですか?

という訳で管理人さんに確かめたら、最初からカウンター「100000」だったんで100000差し引いたのが正確な数だそうです。おっかしいと思ったよ…。
でも「50000」ヒットとしても快挙です。こんな地味なちまちまブログのくせに。

ま、いいや…。とにかく、カウンター「150000」!

キリ番踏んだ方は素直に申し出てください。
ブログ主キャデラックからちょっとしたプレゼントをいたします!

とか言ってたら自分で踏んじゃうんだよ。

「サイレント ナイト ブルース」衣装合わせ

06-12-01_koyaku.jpg06-12-01_dolimari.jpg06-12-01_oyako.jpg
これが終わるともうすぐ本番。久々にスカートはいて、なんだかスースーします。

左から「子役ちゃんたち」「ドリー&マリー」「ペアのパジャマの親子」
もっといろいろ出るんだけどね…。これだけだったらいったいどんな芝居やねんと。

刺。

06-11-21_bento.jpg06-11-28_bento.jpg
「とりあえず刺してしまえ」的な弁当2種。

・雑穀米のおにぎり
・いんちき煮卵の串刺し
・煮豆
・キャベツ&焼き豚
・お花のウインナー

・三色おにぎり
・桜卵
・ウインナーの串刺し
・プチトマトの串刺し
・かぼちゃサラダ
・レバーの煮物

モノクロの葉書

毎年この時期になると、喪中を知らせる葉書が何通か届く。
そして今日、出来るなら受け取りたくなかった知らせが届いた。パーキンソン病で、某大学病院に何年も入院していたTさんという女性のご主人からだった。
短い文面で、Tさんが今年の一月に亡くなっていた事を知った。年令は書いてはいなかったが、まだ60代ではなかっただろうか。

今から10年以上前、私は体を壊し、同じ大学病院の同じ部屋に3ヶ月間入院していた。その時が恐らく私の人生最悪の時期で、このまま死ぬのかもしれないと思っていた。死んでしまいたいとも思っていた。人生から見放されたんだと。
4人部屋の患者はみんな寝たきり、そのうち2人がパーキンソン病で、私は回りに当たり散らしたり「死にたい」と泣いてばかりいた。そんな私を、Tさん始め同室の人たちは、一生懸命励ましてくれた。「遠いところを御見舞いに来てくれて、いい友達やねえ。それはMちゃんがいい子やからよ」と、Tさんは言った。唇を動かすのも大変な状態で。
結局、後から入院した私が1番先に退院していった。

それから何年かかかって私は健康を取り戻した。
人から「たくましい」とか「打たれ強い」とかよく言われるが、あの、いつ死んでもおかしくない時期があったから今の私があるんだと思う。オマケの人生だから少しばかり失敗しても大して怖くない。少しばかり辛いことがあっても何とかなるさと思える。
退院してからTさんに会うことはなかった。ただ毎年、写真の入った年賀状を送り、近況を知らせてきた。「働けるようになりました」「演劇を始めました」「結婚しました」「子供ができました」「今度テレビに出ます」「新聞のコラムを書きます」…自慢ではなかった。相変わらず体は丈夫ではないけれど、それなりに元気でやっていることを知って欲しかった。あなたたちのお陰で病を克服して、こんなふうに生きていられるのだという事を分かって欲しかった。
そしてTさんも諦めずに、優しいご主人と一緒にいつまでも生きて欲しかった。
ご主人は週に何度か御見舞いに来て、新聞を持つことのできないTさんに、いつも読んで聞かせてあげていた。

Tさんの住所に手紙を書きたいのに、言葉が出てこない。
だめだ、涙腺が緩んできた。

黒ゴマシュークリーム

06-12-01_kurogoma1.jpg06-12-01_kurogoma2.jpg
下の↓ブログを書いてたら、夫Sがお土産にとコンビニで買ってきた「竹炭黒ゴマシュー」

ゴマ食いのワタシとしては……いやだ〜〜っ!こんな真っ黒のやだよ〜〜っ!

なんかもっと普通のが食べたい!炭ブームとか健康とかもういいから。あ、口ん中が「じゃり」ってゆった。

白ゴマ珈琲

06-11-10_gomako-hi-.jpg
某コーヒー専門店で、友人Kがオーダーした「白ゴマ珈琲」。

浮いてる。ゴマが浮いてる。…それだけ!?いやいや、それだけじゃなかった。ミルクの代わりに白ゴマペーストを入れて頂く。

友人Kの評価はいまいち。ゴマ食いのワタシにとっては受け入れられる味。

しかし、ゴマペーストをコーヒーに溶かして飲むより、コーヒーをすすりながらゴマペースト舐める方がオイシイ気がする。

Profile

みかちゃんねる
みかちゃんねるCADILAC
「四国今治「未来演劇K-プロジェクト」の団長&演出だったりします。息抜きは息子Rと夫Sの弁当づくり♪」…

New Entries

Comment

Categories

Link

Archives(1303)

Search

Free

ホーマークラブ