秋を食す。

06-09-anpan.jpg

「紫芋のあんぱん」


想像以上に鮮やかな紫色。そして…激ウマ!

軽くあぶって食べるのを推奨。

コープ愛媛のパン屋さんで120円なり。

さて…。

06-09-7534.jpg


← だ〜れだ?

グリーンライス

06-09-23_greenrice.jpg食い物ネタが続いてもかまうもんか。

今治市玉川「Frill」のグリーンライス。
タイ風のまぜごはんらしい。グリーンカレー風味の豚挽き肉、カシューナッツ、菜っ葉がご飯の上に山盛り。これをよーく混ぜて食べる。
…うまいっ! はい、マジで美味いです。カシューナッツがミソと見た。

これに食後の自家製アイス(栗)&自家製ジャム入りのロシアンティー(またはコーヒー)が付いて、ランチタイムには950円なり。
夫Sは「秋カレー」のランチを頼んだが、こっちのほうが気にいったらしく、最後は取り合いになってしまうという醜い夫婦愛。

みかんご飯

「秘密のケンミンSHOW」という番組で紹介された「愛媛県人がこれを食べて育つ」というみかんご飯。
なんだよ。知らないよ。生粋の愛媛県民だが…。どうやら南予限定らしい。

作り方:
米をポンジュースで炊く。もう一度言います、ポンジュースで炊く。

愛媛県民に対するイジメのフレーズのようなレシピである。が、しかし試食したゲストたちの反応は「うまい!」「うまい!」連発。…本当に?ヤラセじゃないだろうな。うん、気が向いたら今度作ってみよう。もらったポンジュースが余ってるし。(←この辺がまさに愛媛県人)
06-09-19_bento.jpg


←こちらはカニとお日様のかまぼこを見つけたので乗せてみた息子Rの弁当。
秋バージョンも出してほしい。満月とススキとか。シブイ。

敬老参観日

06-09-keirou.jpg
息子Rの通うW幼稚園の敬老参観日。

ばあちゃん(ワタシの母)の肩を叩く息子R…。

二人とも外ではブリッ子のコンビである。

「五色の花むすび弁当」

06-09-11_bento.jpg
「五色おむすび」の出来上がり。
ほぼパッケージどおりの発色で、見た目はグッジョブ! ただし、入れすぎると塩っ辛いかも。ほとんど漬物のノリだし。
おかずの彩りが悪くてもさまになるのが有難い。
ちなみにこの日のおかずは、ハートの玉子焼き、ハムとチーズのぐるぐる巻き、かぼちゃの煮物……ぜんぶ黄色だよ!

「五色の花むすび」

06-09-gosikinohanamusubi.jpg

赤かぶ(赤)、青菜(黄緑)、にんじん(黄)、しば漬け(紫)、青じそ(緑)が入ってるカラフルなふりかけ。あったかいゴハンに混ぜて握ってできあがり。○ツカン「おむすび山」のマルチカラー版といった感じ?

富田圭吾さん情報、求む。

06-09-kyuri.jpg
「きゅうりのあまから漬け」
この富田圭吾さんという人の漬物は「リキュール漬け」でも紹介したが、感動的にウマイ。

お年を召した方ならば、いつまでもお元気で今後もオイシイお漬物作ってください。
意外に若い方なら、嫁にもらって いや、レシピ教えてください!ぜひ!

今治あいさいにて:きゅうり約2本分入って100円。
食べてみる価値あり。

ニューフェイス。

06-09-11_renka.jpg
劇団員A(22才)の娘Re(生後5日目)。えらく整った顔である。くっきり二重で濃い目の顔はA譲りと思われる。

Aがチューボーの頃から知ってるので、ワタシとしては孫の誕生を祝う気分…。
ところがこのAがとんでもないやろうで、今年6月の市民演劇「群青」のオーディションを受け、主役級のキャストについた。飛んだり跳ねたり踊ったりで、無事公演が終わった打ち上げの席で「私、実は妊娠してます。8ヶ月です!」と爆弾宣言。
演出のワタシはもちろん、共演者だれ一人としてこの事実を知らなかった。オーディションの時は既に2ヶ月だったわけで…。ワタシは泣くやら怒るやら嬉しいやらでグダグダ。

もともとAは劇団内で「LLクラブ」というユニット(?)に属する体格なので、確かに妊娠が分かりにくかったかもしれない。おまけに演出からは「役作りだ。痩せるな!」とむちゃな命令が出るし。
いずれにせよ無事に生まれてよかった。市民演劇の稽古のお陰で8ヶ月まで体重は増えなかったそうな。

SMAPバトンもらいました

06-09-07_bento.jpg
← 変形ゆで卵はやはりRの好物らしい。

「遅咲満開。」のうめこさんからSMAPバトンもらいました。結成15周年だそうな。私の演劇歴より長い…!

■中居正広のこと、なんて呼んでる?

「中居くん」「中居」

■木村拓哉のこと、なんて呼んでる?

「キムラタクヤ」

■稲垣吾郎のこと、なんて呼んでる?

「ゴロちゃん」

■草g剛のこと、なんて呼んでる?

「くさなぎ」

■香取慎吾のこと、なんて呼んでる?

「慎吾ちゃん」

■好きなメンバーBEST3を教えて!

1.中居、2.稲垣、3.……う〜ん…草なぎ?

■この人出演のドラマが好き!を1人選んでください。

ゴロちゃん。中居くん主演は真剣に見てしまうから疲れる…。

■ちなみにメンバーが出演しているドラマで好きなものBEST3は?

1.「砂の器」 2.「ソムリエ」 3.「催眠」
でも、映画ならダントツ「模倣犯」これでいきなり落とし穴に…。

■好きな曲をそれぞれ1曲選出してください。

最近の歌編「星空の下で」
シングル編「夜空ノムコウ」
アルバム編「FRAPPER」
昔の歌編「1$」

■コンサートに行ったことがありますか?

はい。

■ある人はいつ・どこのコンサートですか?

2003年「MIJツアー」in広島。

■突然ですがキムタクと工藤静香が結婚したときどう思いましたか?

「ふ〜ん」と思った。だってその頃スマップに全然興味なかったし。
中居くんの映画を期にファンになった時は、既にキムタクは結婚してた。(笑)

■1人メンバーを選んで、そのメンバーにメッセージをどうぞ!

ちゃんとカルシウム足りてる!?(骨折したメンバーNさんへ)

■SMAP好きさんにまわしてください♪

困った…。唯一SMAP友達のRuさんはブログやってないし!
れんれん、ジャ●ーズの誰か好きだったよね?
もし…もしスマにも多少の興味があればお願いします。

「日本沈没」1973

先日観にいった「日本沈没」がトホホだったので、名作と評されるオリジナル「日本沈没」(1974年公開)のDVDをレンタルした。

一言でいうと…これはすごい。まるで別物である。全編通しての緊迫感にトイレにも行けなかった。正確に言うと、ポーズボタンを押してトイレに立つ気も起きなかったのだ。

簡単に感想を書いてみたり。

1.キャストが暑苦しいほど濃い。良い意味で。
例えば今回草ナギが演じた小野寺→藤岡弘(この頃はまだ「、」なし)、柴崎コウが演じた阿部礼子→いしだあゆみ、石坂浩二が演じた山本首相→丹波哲郎、及川ミッチー演じた結城達也→夏八木勲、…とこんな感じ。どうだ、暑いか。

2.今回が「日本を沈没からいかに救うか。人々をどれだけ救えるか」にストーリーの大部分を裂いているのに対し、1973年版では「確実に沈没する日本列島。国土を失う日本人がどう生きるのか」がテーマになっている。ディープ・インパクトそっくり、ハリウッド映画をホウフツとさせる今回より、重厚でリアルな世界観の旧作。

3.静かなラストシーンが印象的で切ない。
日本列島は沈んでしまい、藤岡弘始め何人かの傷ついた日本人が広大な大陸鉄道に揺られている。(おそらく中国)そしてシベリア(?)を走る列車の中では、同じく身一つで逃げ出した様子のヒロイン(いしだあゆみ)の姿がある。
国土を失った日本民族の悲壮な旅立ち、そしてその力強さを信じたくなるラスト。

4.とにかくやたらに喫煙シーンが多い。気がつけばみんな親の敵のようにタバコを吸っている。…気持ちは分かる。

5.キレイなCGより、アラが見えても特撮の方が迫力あり。

6.首相たちに日本沈没のメカニズムを説明する地質学者役が、どうやっても本物の学者にしか見えない。演技とは思えないほどの名演技。誰だ、この役者は…!!
と、調べてみると、本物の地質学者「武内均氏」の出演だった。

あっという間に夏休み終了

06-09-05_bento.jpg
今週始めからまた弁当が始まった。ちょっとびっくりさせてやろうと思って購入した秘密兵器「プチオムライス」by生協
← ええ、このヤコヤキみたいな黄色い物体が冷凍のオムライスです。

主食を冷凍食品に頼るのはかなり抵抗があったのだが、抵抗していても弁当は作れないので、あっさりとポリシーを曲げてみた。
息子Rが帰るなり感想を述べてくれた。「たこ焼きがおいしかった」
…うん、そうだね。

ゴーヤ・カレー

06-09-goyacurry.jpg
別名「カレーの館」とも呼ばれるわが家のヒット作品。

レトルトで売ってるのを見たことがある。しかしゴーヤを煮込む気にはなれず、別フライパンで炒めてトッピングしてみた。食べる時に混ぜる。ベースは普通の日本カレー。

チェンジアップ気味に作ってみたところが、予想外の相性の良さにピッチャー返しをくらった気分になった。


苦いはずのゴーヤがとてつもなくフルーティーに感じるのはなぜだ。化学変化?自己暗示?

エスパーニャ・ミロのゴハン

06-09-kusukusu.jpg

オードブルの一品、クスクスのサラダ・チーズ入り
夫Sのはチーズではなく鮭入り。
地味な味だがツボに入る美味しさなり。

スペイン料理には懐かしい思い出があります。昔、独りでスペインを貧乏旅行してた時、食事はもっぱらスーパーのお惣菜とかサンドイッチでした。
でも一度だけレストランで食べようと思って注文したのが、スペイン名物の冷たいスープ、ガスパチョです。ガスパチョだけです。

「うまいっ。」リュックしょって歩き回って渇いた体に染み込みました。

しばらくすると野菜やお肉のフライが乗ってるお皿が運ばれてきました。「注文してない」と言うと、「いいから食え」みたいなことを言う。「お金ない」というと「分かっとる」みたいなことを言う。スープとパンだけではお腹が寂しいのでとりあえず食べました。
周りを見てもガスパチョに「何か付いてる」様子はなく…今から思えばあまりに貧乏くさかったので哀れに思ってサービスしてくれたのかな?と…。


ミロで食べたのはこのコース

さんきゅー

06-09-cake.jpg
もうすぐ誕生日である。
音響スタッフのEさんが、稽古場にケーキを持って登場!(ホントは飲食禁止なんだけどね)
箱一杯の色んなケーキに狂喜乱舞、そして群がるサル 劇団員たち。
中学生、高校生の食べっぷりは気持ちいいもので。20個近くあったケーキがあっと言う間に完売…。

よーし、今年もがんばるぞー。

Profile

みかちゃんねる
みかちゃんねるCADILAC
「四国今治「未来演劇K-プロジェクト」の団長&演出だったりします。息抜きは息子Rと夫Sの弁当づくり♪」…

New Entries

Comment

Categories

Link

Archives(1303)

Search

Free

ホーマークラブ