稽古風景

06-05-28_keiko.jpg

あ、コンクリートの上に船が浮かんでる…!

インチキ細巻き

06-05-11_bento.jpg
@細長い型にゴハンを詰めて
A真ん中に具を乗せて
B上からまたゴハンを乗せて
Cぎゅーっと押して型から取り出し
Dノリを巻いたら細巻きの出来上がり

…という秘密兵器を百均で購入。
やってみたらキレイ、カンタン!ビバ百均!
でも肝心の具がなくてソーセージ巻きとはこれいかに。

こんな成分解析

「成分解析 with 和色大辞典」 ←コチラ

●○●○(アタシの本名)の解析結果


●○●○の42%は蘇芳(すおう)でできています。
●○●○の30%は薔薇色(ばらいろ)でできています。
●○●○の20%は蝋色(ろういろ)でできています。
●○●○の5%は淡藤色(あわふじいろ)でできています。
●○●○の2%は甚三郎(じんざぶろう)でできています。
●○●○の1%は薄卵色(うすたまごいろ)でできています。

●○●○の解析結果を調合すると#a14a53になります。



↑これがイメージカラーというわけですか。
…え?…じんざぶろう色??

いちご狩り

06-05-26_bento.jpg
今日、息子Rの通うW幼稚園「いちご狩り」

← いちごの代わりにプチトマトがごろごろ入った「トマト狩り弁当」である。
一生懸命いちごを摘んでお腹もすくだろうと、いつもより大盛りにした母の愛。

…と、そこで気がついた。
「ビニールハウスのいちごをもぎたて食べ放題」
食いしん坊のRはとにかく食う。ドクターストップがかかるまで食う。幼稚園の先生が「大丈夫…?」と言うまで食う。
しまった、大盛りにする必要なんぞなかった。
いちご狩りから帰ったRはご満悦。「い〜〜〜っぱい食べたんよ」ビニールハウスごと食い尽くしたんじゃないだろうな。

こうなったら表現力の限界に挑戦

06-05-22_tako.jpg
←「とことん邪悪なタコ」

タコA「ふっ…地球征服の日は近いな」

タコB「無能な地球人め、我々の足元にひざまずくがいい」

AB 「ひゃはははは…」

表現力の限界

06-05-19_bento.jpg

なんでこんなにタコウインナーが邪悪なんだよう。

今さら人に聞けないが

06-05-22_abogado.jpg
アボカド…それともアボガド・・・どっちだっけ。

まあいいや。

← ウチの常備菜、アボカドのペースト。

サラダにサンドイッチにソースに大活躍。

私、疲れてますか?

06-05-08_bento.jpg

中谷美紀と深津絵里と久本雅美、

見分けが付かない時がありませんか?


←そんな疲れたあなたに黒米のおにぎり弁当

ししまい

06-05-13_sisimai.jpg
A「…アタマ重いよね」

B「うん、首上がんないよ」

A「てか、前髪長くない?」

B「前見えないよね」

A「あ〜、散髪したい…」

リサイクル

06-05-02_bento.jpg← らくちん・まぜカレー弁当

改めて言うのもなんだが、劇団の脚本はワタシが書いている。企画書や予算書もワタシが作っている。たまにコラムなんかも書く。要するに何でも屋だ。
そんなわけでウチにはボツ原稿が山ほどある。裏が真っ白なので、息子Rが絵を描いたり字を書いたりする時に何枚でも好きに使わせている。

「いいか…さん、こっちに、るなよ…に…ケビンだよ」

たまにブツブツ読んでいる息子R。漢字が読めないので何だかよく分からない。

こっちも大変です!

06-04-28_simauma.jpg

シマウマに至ってはこの有様ですっ!

大変です!

06-04-28_lion.jpg

ライオンが埋まってますっ!

許せ、五右衛門。

この弁当の緑の部分↓はピーマンのおひたし。息子Rの大好物…。 いや、そんなことより・・・!!
06-04-26_bento.jpg
人間、知らなかったほうが幸せということが多々ある。
あれは私が高校生の時、ハムスターを一匹飼っていた。名前は「五右衛門」ええ、ルパン三世のファンだったもんで…。
寒さに弱いということで、冬場は夜になるとカゴに毛布をかけてやってたんだが、ある日部活で遅くなり、家族に「毛布をかけて」と伝言するのを忘れてた。そして家に帰るとカゴの中で冷たくなった五右衛門が…!
泣いたよ。心からザンゲしたよ。五右衛門の遺骸は、袋にクッキーを一緒に入れて川に流した。(ガンジス河じゃありませんが)私の不注意で凍死させてしまったのがショックで、それから生き物を飼おうという気にはなれなかったわけで。

しかし本当にザンゲする時は、ウン十年経った今やってきた。どこかのサイトで「ハムスターは寒くなると冬眠状態になって体が冷たく硬直するが、暖めたら動き出します」という事実を知ってしまった。ということは、私は冬眠状態にあった五右衛門を、平たく言えば生きてる五右衛門を水葬にしてしまったわけか…!? うわ〜、知らなきゃよかった…。
ザンゲの夜は更けていく。

こどもの日

06-05-05_koinobori.jpg

ちまきも散らし寿司もできなかったので、こいのぼりをお皿の上で泳がせてみた。

親子弁当

全国城下町シンポジウム・城下町市民劇場「群青-鶴姫異聞-」
こんなバカなことばっかりしてるが、舞台の演出はワタシである。
公演日は6月24・25日。ぶっちゃけ本番は来月に迫ってきているので、日曜日も練習…。
06-04-30_bento.jpg

というわけで、日曜日の練習中、息子Rの子守は夫Sが引き受けてくれている。

練習前には二人分の弁当を作って稽古場に行くけど、自分の昼食はコンビニのおにぎりだったりする(笑)

おにぎりといえば、とんでもなく怖いおにぎりを発見。コチラへ。


そして藤の季節

06-05-04_huji1.jpg
西条市、観音堂の藤。

見上げれば一面藤の花。

見上げてるとクマンバチが顔面めがけて飛んできます。

一匹や二匹じゃありません。

そして八重桜の季節

06-05-01_sakura.jpg
近所の公園では八重桜が満開である。

実はこの公演で時々不思議な少女を見かける。独りでブランコをこぎながら、けっこう大きな声で何か言っているのである。息子Rも警戒してブランコには近寄らない。

以前見たときは怒っていた。
「冗談じゃないわよ…大っきらい…」とか。
そして昨日は何かを説明していた。
「・・・だから、そういうわけなの。・・・つまりね…」とか。
不思議なことに方言ではない。独り言?もしかしてセリフの稽古?演劇部?…北島マヤ?

彼女はひとしきり一人でブランコをこぎながら独り言もしくはセリフの稽古をして、気が済んだのか去っていった。
もしかして高校の演劇部で、ヒロインに憧れるも万年補欠、しかし先輩の突然の降板に備えて密かにセリフの練習してるとか。あ、そうか、だから部室で練習できないのか!…そんなわけないか。

Kプロ(アタシの劇団)では劇団員募集中。もし見てたら…(以下略)

アンチ・ケンコウ

06-03-13_lighter.jpg
こんなモノを買ってしまうあたり、禁煙する気はないらしい私…。

雑穀まぜごはん弁当

06-04-27_bento.jpgしまった、時間がない! しまった、おかずがない! やばい、気力もない!…という朝のお助け弁当。

@前日の雑穀ゴハン(豆・麦・赤米とか入ってる)をチンする
A冷凍のミックスベジタブルにめんつゆをかけてチンする
B両方とも熱いうちにどんぶりで混ぜてゴマを振る
C余力があれば、せめて何かたんぱく質系の食材を乗せてあげて下さい(写真は型で抜いたハムとチーズ)

…以上。
3分以内で完成です。速い、ウマイ、おまけに栄養バランスも悪くないときたもんだ。
ただし、二日続くと苦情が出る恐れがあります♪

Profile

みかちゃんねる
みかちゃんねるCADILAC
「四国今治「未来演劇K-プロジェクト」の団長&演出だったりします。息抜きは息子Rと夫Sの弁当づくり♪」…

New Entries

Comment

Categories

Link

Archives(1303)

Search

Free

ホーマークラブ